英語ができない海外就職

シェアする

英語ができないけど海外就職は可能ですか。

マレーシアで働いているとこの質問を時々耳にします。

海外で働くとなると日本人にとっては言語が厚い壁に感じられます。

また日本での大多数の人は海外企業での就職の経験がないのでそういった意味での職務経験もビハインドに感じるかもしれません。

欧米圏では言語堪能かつ優秀な多くの人材がいます。そして一部ではそういった人たちも労働ビザを発給してくれる仕事が見つかっていないようです。

スポンサーリンク

しかしマレーシアで英語を全く話せなくても仕事を見つけることは可能です。

どのような職業なのでしょうか。代表的なものをご紹介します。

1. コールセンター

マレーシアではコールセンターで日本語対応ができる人を募集しています。日本語対応係なので仕事の内容そのものは英語の能力が求められることは少ないようです。

同僚と会話して英会話を磨くことができるかもしれません。

2. 日系企業の営業

マレーシアにある日系企業を対象として日系企業が営業を募集しています。

日系企業には日本人の営業を当てた方が良い反応が見込めるということが理由と言います。

やはり日本の文化を知っている人が求められています。

3. 日本人のお客を相手にした接客業

日本のレストランや販売店員です。

ビジネスレベルの英語は求められないです。しかもお客さんとの会話を通じて英語を磨くことができます。

上記のすべての職種で就労ビザを発行してくれます。

欧米圏では英語ができずに、就労ビザのスポンサーをしてもらい働かせてもらう場合には給料面で格安となってしまう場合が往々にしてあります。

しかしマレーシアの場合

日本人の最低賃金はRM 5,000です。

日本円にすると約¥125,000ですが現地では十分生活していける額です。貯金もできるかも知れません。