スマホの盗難!取るべき3つのステップ

シェアする

先日友人のカバンが盗まれました。カバンは車の助手席の上にのせてありました。

スポンサーリンク

車に乗り込んだ後、熱い空気を逃がすため窓を四分の一ほど開けて、発車のため後方確認を行っていたところを狙って一瞬で取られたようです。

全く気付かなかったため、荷物を食事をしていた店内に忘れていたと勘違いし、店内を確認したところやはりなかったため盗まれたことに気づきました。

かなりのプロの犯行であることがうかがえます。

財布、スマートフォン、身分証明書、免許など貴重品一式がなくなりました。

特に困ったのはスマホでした。連絡手段、移動手段などすべての場面でスマホに頼っていたからです。

マレーシアでの盗難、特にスマートフォンがなくなったらどうすればいいでしょうか。

1.すぐに行動する

まだ周辺に犯人がいます。スマートフォンの電源を切られてしまってはGPSで場所を特定することはできませんが、盗まれた直後はまだスマートフォンの電源が切られている可能性は低いです。

GPSを使って場所を確認してみましょう。iPhoneを使用している人はiPhoneを探すのアプリを使うと音を出したりメッセージを送ったりすることができます。

2.警察に行きポリスレポートを作る

クアラルンプール周辺の警察は英語通じることが多いです。最寄りの警察署に行って被害届を出してください。保険の適用の際にも必要です。

その際にスマートフォンのIMEI製造番号が聞かれるでしょう。

また使用しているキャリアに連絡して盗難にあった旨を伝えましょう。回線を切ってくれます。

0.被害にあう前に

パスワード設定

パスワードを推定されにくいものに設定しておくのはもちろんです。初期設定000000や123456などを使うのはやめましょう。

GPS設定をオンにしておく

iPhoneはiPhoneを探す アプリを使用してオフラインでも場所を特定することができます。

ログインするiPhone、iPadがない場合もパソコンからの確認が可能です。デバイスが近くにある場合は、自分や近くにいる人がデバイスを見つけられるように音を鳴らすことができます。

紛失モードを使うとスマートフォンのロック・メッセージの送信が可能です。また内部の情報を消去することができます。

IMEI製造番号を控えておく

いざというときにすぐに参照できるようにしておきましょう。

各スマートフォンにはIMEI製造番号が割り振られています。購入時にパケージを確認して控えておきましょう。

*#06#あてにダイヤルすることによってもIMEI製造番号を確認することができます。15桁のコードが表示されるはずです。

GPS追跡装置を隠しておく

最近ではずいぶん手ごろな値段で、コインサイズのポータブルGPSが手に入るようになりました。

これをうまく使って携行荷物の中に隠しておけば、仮に盗まれてスマホの電源を瞬時にオフにされても犯人を追跡できます。

まとめ

もちろん盗難被害を受けないに越したことはありません。しかし相手はプロ、少しの隙をついて狙ってきます。

仮に被害を受けた時のシミュレーションまで考えておくのが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告