マレーシアでの飲酒運転は合法!?

シェアする

マレーシアの日本大使館のサイトにはこうあります。

飲酒運転は、厳禁です。又飲酒やスピード出し過ぎの路上取締もよくありますので、 「酒を飲んだら運転しない」を徹底してください。

他方、ローカルの人によるとある一定量までは大丈夫なようです。

真相はどうなのでしょうか。日本でもなかなかデリケートな問題なのでマレーシアでの事実のみを書かせていただきたいと思います。

アルコール規定濃度

はRoad Transport Act 1978で次のように規定されています。

(a) 呼気100 ml中のアルコール濃度35マイクログラム

(b) 血液100ml中のアルコール濃度80 マイクログラム

(c) 尿100ml中のアルコール濃度107 マイクログラム

罰則

はRoad Transport Act 1978で次のように規定されています。

傷害事故を起こし規定濃度以上のアルコールが検出された場合

3年以上10年以下の懲役

かつ

RM 8,000以上RM 20,000以下の罰金 そして 5年以下の免許停止 2回目以降の場合は10年以下の免許停止

運転者から規定濃度以上のアルコールが検出されたが運転していない場合

RM 1,000以下の罰金 かつ 3か月以下の懲役

それが2回目であった場合

RM 2,000以上RM 6,000以下の罰金

かつ

12か月以下の懲役 また 12か月以下の免許停止の可能性がある

以下を証明できた場合は運転手は責任を問われない

運転に適さない状態で運転手が運転する可能性はないこと

かつ

運転に適さない状態で運転手が運転していなかったこと

運転者から規定濃度以上のアルコールが検出されたが運転していた場合

RM 1,000以上RM 6,000以下の罰金

かつ

12か月以下の懲役

それが2回目以降であった場合

RM 2,000以上RM 10,000以下の罰金

かつ

2年以下の懲役 また 12か月以下の免許停止の可能性がある

具体的な目安量は?

血液100ml中のアルコール濃度80 マイクログラムとは一体どれくらいなのでしょうか。

酒気帯びアナライザーから計算可能です。

成人男性であればビール2パイント前後でしょうか。

くれぐれも自己責任でご利用ください。