観光

スポンサーリンク
観光

【DIGI】 SMSを受信、海外ローミングを使って海外で短期滞在する際格安で済ませる方法

今日は一時帰国をされる方たちの為に、SIMカードの裏ワザを紹介したいと思います。 そんな皆さんに朗報!! マレーシアでPost Paidプランに契約しておられる方は格安でインターネットアクセスを開始する方法を見つけました。 その方法もDIGI「インターネット海外ローミング」サービス。
観光

【マレーシア・クアラルンプール】オーダーメイドでスーツを作れる格安ショップ

東南アジアというと何でも安いと感じている方が多くおります。あらかたその考え方は間違ってはいません。ここマレーシアで日本より高い!と感じるものは「車の購入」位といっても過言ではありません。 これから成人する方、これから就労する方、これから結婚する方で、今後のために1着スーツを作りたいと考えているあなた!、マレーシアでもオーダーメイド+格安+クオリティー◎の場所を見つけました!! 是非参考になさってください。
観光

【超ローカル】マレーシアの田舎町Muar(ムアー)に行ってきた

Muar(ムアー)ってどこ ローカルの人でもあまり用があっていく街ではありません。クアラルンプールから車でジョホールバルに旅行する際や、古都マラッカに訪れる際に立ち寄ることができる場所です。 おす...
観光

【保存版】マレーシア格安航空Malindo Air(マリンドエア) 予約方法・攻略法を探ってみた

東南アジア諸国を旅するのに欠かせないのが「航空券」ですよね。 今回はAir Asiaに対抗しようとしている別の格安航空会社Malindo Airについて取材してみました。予約方法、メリット、攻略方法を説明していますので是非ご覧ください。
観光

【まとめ】マレーシアでのおすすめの両替所-ベスト・オブ・ザ・ベスト

海外旅行の際いつも困るのが、どうやって「円」を現地通貨に両替するかではないでしょうか? マレーシアではRinggitという単位が貨幣として使われています。発音は「リンギット」です。買い物の際はRMと表記されます。 覚えやすい貨幣価値は1RM=30円です。勿論、レートが上下するわけですが、このレートを覚えておけば、買い物の際にとても役立ちます。 日本では残念ながらリンギットの両替をしている銀行はほとんどありません。空港で扱っている両替屋をたまに見つけますが、顔が真っ青になるほどレートは非常に悪いです。 マレーシアに来られる方で、じゃあどうやって日本円をリンギットに両替すればよいの? どこの両替所のレートがいいの?!
観光

【マレーシア】アウトドア=クアラルンプールから日帰りで格安乗馬レッスン=

休日に何処に遊びに行こうかと考えておられる方も多いかと思います。せっかくマレーシアに住んでいるのに、海外に旅行に行ってはお金も時間も勿体ないと考えておられる方も多いのではないでしょうか? マレーシアは暮らす・食らうには良い所ですが、実はバケーションを過ごすにも最高なところなんですよ。 別のオプションとして温泉へ行くのは如何ですか?実は前回のブログでご紹介した温泉の近くにアウトドア・アクティビティがあったので今回はそちらをご紹介します。
観光

【エアアジア】機内持ち込み重量の実際=どれだけ機内に持ち込んだら没収されるのか検証してみた=

Kokonatsの検証 さて本題に戻ります。 実際、どの位までの重量をAirasiaは受け付けてくれるものなのでしょうか?果たしてバックはゴミ箱へ向かってしまうのでしょうか?? 今回チャレンジした大きさはこれ!
観光

【マレーシア日帰り格安観光ツアー】無料で象と触れ合える・水浴びできるクアラガンダ 象保護区へ行ってみよう!

皆さんこんにちは。KOKONATSです。 マレーシアで観光に行く際、友人をどこかへ連れて行ってあげる際どの場所に行きますか? ツインタワー? バードパーク? それとも珊瑚礁豊かなビーチへ? どの場所も最高です。今日は絶対に後悔しないオススメ観光スポットを紹介したいと思います。
観光

【キナバル公園】ツアーに申し込まずに格安かつ絶対に楽しめる観光モデル 

皆さんこんにちは。 突然ですがボルネオ島というとどんな観光地を思い浮かべますか? 人によってはコバルトブルーのビーチを思い浮かべる方もいると思います。 ただ,誰もが真っ先に思いつくのは東南アジア独立峰最大の山であるキナバル山かもしれません。 日本から来る大抵の方は,キナバル山に行くためには高額のツアーに参加しなくてはならず費用が高くつくと思われているようです。 しかし,私自身実際に便利かつ格安でキナバル山を訪問してきましたのでツアープランを大公開してしまおうと思います。貧乏でも楽しめてしまう旅行プランになります。
観光

ドリアンは人間の食べ物ではない説

このような最悪なコメントは,私の友人がマレーシアに来た時に残していってくれた率直な感想です(笑)有難いですね。。。 こんな最悪な誉め言葉を頂きながらも食べたことのない訪問者には必ず食べさせているのですが,それにはしっかりとした理由があるんです!後ほどそちらには触れたいと思います。 今回のブログはそんなみんなに嫌われているドリアンをどうしても知って頂きたいと思って書きました。是非楽しまれてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました