マレー語を3か月間本気でやってみた(基本的言い回し10選)

シェアする

はじめに

マレー語は世界で一番簡単な言語といいます。カタカナ読みのアルファベット使用。多くの英語由来の単語に加えて文法もとてもシンプルです。基本的な会話は3か月、6か月もすればかなりの会話ができるようになるといいます。

英語のしゃべれないローカルと会話でき友達が増えます。店ではディスカウントをしてもらえたりします。英語が全く通じない田舎の地域に行くこともできます。役所対応なども自分で行うことができます。本当のマレーシアが見れるのです。インドネシアに行っても70%ほどの会話は成立します。その先に見えるのはマレー語・インドネシア語圏に属する2億人以上の友達です。

もはやメリットしか見当たりません。

その割にマレーシアにいる日本人たちの間でマレー語を喋れる人にに会うのが少ないのです。

実際にどれほど簡単か。本当に3か月でできるようになるのか。

実際にやってみます。各回2時間と区切って勉強します。細かいことは少しずつ後で補足して少しでも早く会話ができるようになる作戦です。

基本的言い回し10選

スポンサーリンク

1.Bolehkah kamu membantu saya?

Can you help me?

助けてくれませんか。

2.Saya kurang sihat. / Saya berasa tidak sihat.

I am not feeling well.

あまり体調がよくありません。

3.Pukul berapa sekarang?

what time is it now?

今何時ですか。

4.Pada pukul berapa bas akan sampai?

What time does the bus arrive?

バスは何時に来ますか。

5.Belok kiri, dan jalan terus.

Turn left and go straight.

左に曲がってまっすぐです。

※ kiri: 左、kanan: 右、terus: まっすぐ

6.Aminah ialah seorang perempuan cantik.

Aminah is a beautiful girl.

Aminahは美しい女の子です。

7.Saya amat mencintai ibubapa saya.

I love my parents very much.

私は私の両親のことをとても愛しています。

8.Hobi saya ialah membaca buku.

My hobby is reading book.

私の趣味は本を読むことです。

9.Bapa saya mempunyai sebuah kereta besar.

My father has a big car.

私の父親は大きな車を持っています。

※持っているは「ada」も使うことができます。mempunyaiの方がよりフォーマルな言い回しです。

10.Bolehkah saya pesan sepinggan nasi goreng?

Can I order fried rice?

チャーハンをオーダーできますか。

マレー語は英語の単語と似ているけどスペルが少し違うね。英単語のスペルミスをしても平気♡ だってマレー語と混ざっちゃったんだもん!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告