インドネシアのプリペイドSIMカード

インドネシアの主なプロバイダは次の6社です。

インドネシアのプリペイドSIMカード (SimPATI編)
Telkomsel (SimPATI) 政府の資本が入った業界最大手会社です。業界シェア40%、インドネシア全体の98%をエリアをカバーしています。(4Gエリア、2G、3Gエリア) 4Gを利用するには4G用のSIMが必要です。 ...
インドネシアのプリペイドSIMカード (IM3 Ooredoo編)
IM3 Ooredoo Telcomselより価格が安いですがカバーエリアが狭くなっています。 インドネシアにおいては二番手の会社です。インドネシアにおける主な島をカバーしています。(4Gエリア、2G、3Gエリア) 購入場...
インドネシアのプリペイドSIMカード (Tri編)
Tri (3) インドネシア3番手のプロバイダです。エリアカバー範囲は最も狭いですが一番安い価格で提供しています(カバーエリア参照)。2017年中にスマトラ、カリマンタン、ジャワ、バリ、ロンボク島で使用可能になる予定です。 ...
インドネシアのプリペイドSIMカード (XL Axiata編)
 XL Axiata Telkomselより価格が安いですがカバーエリアが狭くなっています。インドネシアにおいては4番手の会社です。 4G/LTEはジャカルタ、メダン、ジョクジャカルタなどの都市で始まり、現在バリ、ロンボク、...
インドネシアのプリペイドSIMカード (Smartfren編)
Smartfren 4G/LTEのSIMは2015年から運用が始まった比較的新しいキャリアです。 インドネシア内で最もカバー範囲の広いそして最も通信速度の速いLTE網と言われています。 ジャワ、バリ、スマトラ、スラウェシ、ロン...
インドネシアのプリペイドSIMカード (Bolt!編)
Bolt! ジャカルタとメダンで開通しているプロバイダです(カバーエリア)。4Gのみを取り扱っています。 購入場所 ショッピングモール内など非常に多くの場所で購入が可能です。 スターターキットといってモバイルルーターや周...

 

Smarfrenは4G/LTEサービス回線の供給を近年急速に加速させています。Boltは現在ジャカルタとメダンのみのようです。

全てのSIMに共通して言えることですが空港(特にバリ)ではぼったくり価格で販売されているので余裕があれば他の場所での購入をお勧めします(バリの例)。

チャージするときには手数料として店に2~5%ほど払うのが一般的です。

SIMカード購入時にはパスポートが多くの場合要求されます。

すでに違う名前で登録されている場合などはパスポートが要求されないこともあるようです。

 

 

周波数帯/バンド

2G: 900, 1800 MHz

3G: 2100MHz

4G/LTE: 1800MHz

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました