マレー語を3か月間本気でやってみた(助数詞)

シェアする

はじめに

マレー語は世界で一番簡単な言語といいます。カタカナ読みのアルファベット使用。多くの英語由来の単語に加えて文法もとてもシンプルです。基本的な会話は3か月、6か月もすればかなりの会話ができるようになるといいます。

英語のしゃべれないローカルと会話でき友達が増えます。店ではディスカウントをしてもらえたりします。英語が全く通じない田舎の地域に行くこともできます。役所対応なども自分で行うことができます。本当のマレーシアが見れるのです。インドネシアに行っても70%ほどの会話は成立します。その先に見えるのはマレー語・インドネシア語圏に属する2億人以上の友達です。

もはやメリットしか見当たりません。

その割にマレーシアにいる日本人たちの間でマレー語を喋れる人にに会うのが少ないのです。

実際にどれほど簡単か。本当に3か月でできるようになるのか。

実際にやってみます。各回2時間と区切って勉強します。細かいことは少しずつ後で補足して少しでも早く会話ができるようになる作戦です。

助数詞

スポンサーリンク

助数詞とは

日本語でいう「個」「本」「人」に当たるものです。

マレー語では各名詞の前

例えば、こども二人 は dua orang anak (anak:こども

というように言います。

ひとつ、一人の場合は se+助数詞です。

例) 一人:seorang

助数詞の種類

たくさんありますがこれだけというものを厳選しました。

ekor

日本語で「匹」に当たるものです。動物・昆虫に用います。

例)

  • seekor harimau 一匹のトラ
  • seekor kucing 一匹の猫
  • seekor anjing 一匹の犬
  • seekor monyet 一匹のサル

keping

シート状のものでサイズの小さなものの名詞の前に使います。日本語で「枚」に当たるものです。

例)

  • sekiping kad 一枚のカード
  • sekiping roti 一枚のパン
  • sekiping gambar 一枚の写真
  • sekiping biskut 一枚のビスケット

helai

シート状のものでサイズの大きなものの名詞の前に使います。日本語で「枚」や「着」に当たるものです。

  • sehelai kartas 一枚の紙
  • sehelai seluar 一着のズボン
  • sehelai daun 一枚の葉
  • sehelai baju 一着の服

biji

日本語で「個」に当たるもので、形の丸いものの名詞の前に使います。

例)

  • sebiji nanas 一個のパイナップル
  • sebiji bola 一個のボール
  • sebiji telur 一個の

buah

日本語で「個」「台」などに当たるもので、形が大きくて丸くない名詞の前に使います。

この助数詞は一番汎用性の高いものです。

例)

  • sebuah kereta 一台の車
  • sebuah bas 一台のバス
  • sebuah rumah 一軒の家
  • sebuah kerusi 一つの椅子
  • sebuah komputer 一つのコンピューター

batang

日本語の「本」に近いものです。長いものや硬いものの名詞の前に用います。

例)

  • sebatang pensel 一本の鉛筆
  • sebatang sungai 一つの川
  • sebatang buluh 一本の竹
  • sebatang gigi 一つの歯
  • sebatang penyapu 一つのほうき

厳密には助数詞は入れなくても会話では通じるよ。でも使えばよりネイティブスピーカーに近くなるね。初めから入れる習慣をつけると後で楽だね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告