マレーシア料理の代表 バクテー(肉骨茶)

シェアする

マレーシアと言えばバクテ―と自分では勝手に思っています。

肉骨茶と書き漢方料理と解釈されているのであまりおいしくないと想像される方も多いようですがとんでもない!見かけこそあまりよくはないかもしれませんが絶品です。日本でも受けがいいと考えられるマレーシア料理の一つです。

実際有名店などに日本の情報雑誌などが取材に来ているようです。

バクテー(肉骨茶)とは

シンガポールでも有名なようですが実は発祥はマレーシアでクアラルンプールの隣町のクランがオリジナルです。数々の香辛料を入れて豚肉を煮込んだものです。よく煮込んであるので肉は柔らかく脂が抜けています。

本来は大陸から来た中華系のマレーシア人が肉体労働をする前に朝ごはんとして食べていたと言われています。

これを朝食として食べると相当の力が湧きそうです。

バクテー(肉骨茶)の食べ方

スポンサーリンク

注文方法

注文は肉の部位を選んで注文します。

ホルモンなども選ぶことができますがおすすめはRib(骨付き腹肉)かStomach without bone(腹肉)です。

人によっていろいろな食べ方があると思いますが地元の食べ方をご紹介します。

タレの作り方

テーブルの上には2種類の醤油、トウガラシ、ニンニクのみじん切りが置いてあります。

  • まずニンニクを小皿に入れ
  • その次にトウガラシを上に載せます
  • 薄い醤油をかけて
  • その上から濃いソースのような醤油(Dark soy sauceといいます)をかけて完成です。

食べ方

バクテー(肉骨茶)が来たらスープは少しご飯にかけて柔らかくし(お粥のようにする人も)

肉は先ほど作ったソースに絡めて食べます。

スープはお代わり自由です。

クアラルンプール周りでおすすめの店はここです。

Restoran Yi Xin Ge

Jalan SS 4d/2, Ss 4, 47301 Petaling Jaya, Selangor

店自体は汚い外観ですが日本の記事でも紹介されたちょっとした有名店です。

毎月食べます。中毒です。気を付けてください。

本場クランに行かれる方は地元で有名なこちらの店をチェックしてみてください

クランで美味いバクテー The best of Bak Teh