クアラルンプールでストロー禁止令発動!で実際、どうなるの?

シェアする

来年の1月よりクアラルンプールでストローが使えなくなります。違反した者には営業権剥奪というかなり重い罰が適用される見込みです。さらに罰金、懲役も検討されています。

さてこの法律はどれほど徹底されるのでしょうか??すでにビニール袋の使用が禁止されているマレーシアですが、いまだに店で持ち帰りなどを頼むとビニール袋が使用されたり、プラスチックケースの入れ物に入れてくれたりします。

詳しくは下記記事をご覧ください。

ただマクドナルドでは自由に取れたストローがなくなりました。従来ケチャップやチリソースなどと一緒に並んでいたものでした。

まあ実際はレジに行ってストローくださいと言えばくれるんですけどね(笑)

国民の反応は中々現実的です。

環境のために良いことだからどんどん推進すべきだ

という意見、そして

マレーシア国中でどれほどの店が営業権をとって営業しているんだ。結局誰も守らないよ

という現実的な意見に大別されます。

そうなのです。営業許可をとっていないで営業している店も多いのです。夢を語ってもなかなかその通りに行かないところが難しいところ。

また

ストローに限らずすべてのプラスチック製品を禁止すべきだ。また紙の入れ物を使っていた時代に戻そう!

との革新的な熱い意見や

また無意味な法律が設定されたよ。やってらんねー

などの冷めた意見も展開されています。

さてこれからどのように当局はこの法律を徹底していくのでしょうか。それともこれは対外的な単なるショー目的があるのでしょうか。

ひょっとしてマレーシア観光にはこれからマイストローが必要になるかも!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告