マレーシアの学生ビザの申請

シェアする

学生ビザ概要

6か月以上のコースの場合のみ発給されます。

学生は7日以上の祝日、学校の休校期間中に週20時間に限ってパートタイムで働くことができます。学校を通しての申請が必要で、就労できる職種にも若干の制限があります。

学生ビザ申請の要件

学生ビザ発給が語学学校の場合、対象年齢は原則18歳~35歳までです。(しかしそれ以上の年齢でも日本の会社などからのスポンサーレター等があればその限りではありません)

学生ビザの発給を受けた学生は最低でも授業の80%に出席しなければなりません。違反した学校は罰金が科されるため、学校側も違反した生徒からはビザを取り上げる等の処置をとっています。

学生ビザ申請の流れ

スポンサーリンク

1. 健康診断を受ける

健康診断書はEducation Malaysia Global Services (EMGS)によってフォーマットが定められています。

  • 言語は英語
  • すべて楷書大文字で記入
  • Section1は申請者が、Section2,3,4は担当する医者が記入します。
  • マレーシア到着日90日以内の結果である必要があります。
  • すべてのオリジナルの診断結果を添付します。
  • 胸部レントゲン写真かデータは申請者の名前(英語)と日付が入っており6か月以内に撮られた物でなければなりません。

日本で健康診断を受ける場合は特に病院の指定はありませんが(※海外用健康診断(英文診断書)・予防接種の注意点を参照)、マレーシアで受ける場合はEducation Malaysia Global Services (EMGS)で定められた学校で健康診断を受ける必要があります。

2. 学生ビザ申請に必要な書類を修学する学校に送付

郵送かメール添付かは学校によって異なります。

  • 背景が白のパスポートサイズ写真 (35mm×45mm)
  • パスポート全ページのコピー *有効期限1年以上のもの
  • 最終学歴証明書、成績証明書
  • 健康診断書
  • 学校からのオファーレター

そして学校指定口座へのビザ申請代金等を払い込みます。

3. Education Malaysia Global Services (EMGS)で申請状況をチェック

https://educationmalaysia.gov.my/emgs/application/searchForm/

許可が下りるまでおおよそ1~2か月かかるといわれています。現在は1か月ほどで許可が下りています。

4. 申請許可が下りたら本書類を持ってマレーシア大使館へ行きシングルエントリービザを発給してもらう。

マレーシア大使館

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町20−16
申請は午前中9:00~12:00のみ、受取は午後3:00~4:00のみです。

発給には2~3日かかるといわれていますが大体翌日で受取が可能です。

以前はマレーシア国内でビザの切り替えができました。しかし2016年に法律が変わり、新しくビザの発給を受ける者はマレーシアの国外で一度このシングルエントリービザを受け、それから入国しなければならなくなりました。

必要書類

  • 学校からのオファーレター
  • マレーシアイミグレーションから大使館あての手紙
  • マレーシアイミグレーションからの入学許可証
  • 航空券チケットのコピー
  • パスポート
  • 申請書(大使館内でもらうことが可能)
  • パスポートサイズの写真2枚 (35mm×45mm) 

5. マレーシアの空港でビザ発給元の学校担当者に迎えに来てもらう

イミグレーションを抜けるには学校担当者の迎えが必要です。事前に学校側に迎えに来てもらう手配をする必要があります。

到着空港、便名、到着予定日と時刻を伝えてください。

 ここでも航空券が必要です。飛行機から降りても決して捨てないでください。

6. 到着後健康診断を指定の病院で受けて学生ビザの発給を待つ

マレーシア指定病院一覧