CIMB Click を使った銀行間送金の方法と手数料

シェアする

皆さんこんにちは。Kokonatsです。

駐在や現地採用者、MM2H保持者でも時折支払いをこなしてかなくてはいけません。

例えば、自分の子供の学校の費用、住宅、車の購入・・・

でもどうやって口座間で振り込めばいいのとハテナマークだらけの方もおられると思います。

前回、光熱費を支払う際に仕えるJOM PAYの方法についてこちらで取りあげました。

今回は、CIMB銀行を利用する際の銀行間の現金取引の方法について解説したいと思います。

①窓口へ行く

便利度:★

この方法は一番オールドファッションで面倒な方法です。ただ、大金を一度に送金したい場合は窓口に行く必要があります。

というのもこれから紹介するモバイルアプリやATMの決済だと送金額上限があるからです。

因みに窓口で払った場合、手数料は5.3MYR/送金のようです。

窓口の空いている時間は

9:15 am – 4:30 pm
(月~木)

9:15 am – 4:00 pm (金)

です。

②ATM

便利度:★★

私筆者はこの方法を使ったことはありません。ただネットがない、アプリをダウンロードしていないなどの理由がある方はこちらで送金を済ませるのも一つの方法ですね。

手数料は無料、送金上限は10000MYR/日です。(その日に現金を引き出した場合もこの10000MYRに合算されますので注意が必要です)

さてATMの操作方法をご説明します。

①ATMカードを挿入します

②暗証番号を6桁で入力します

③”Transfer”を選んでください

④ ‘Interbank GIRO (IBG)’ を選んでください

⑤相手銀行のアカウントのタイプを選んでください

⑥送金金額を入力し、Correctを押してください

⑦送金元を選んでください

⑧相手の銀行名を選択してください

⑨相手の口座番号を押しConfirmを押してください

⑩全ての情報が正しいかどうか画面で確認してConfirmを押してください

⑪レシートが出てきますのでエビデンスとして保管しておきましょう

夕方5時前に入金を済ませた場合は相手方にその日のうちに送金されます。5時以降の場合は次の営業日の朝11時までには送金されます。

②CIMBクリック(インターネットバイキング)

便利度:★★★★★
こちらのKokonatsをご覧になられておられるということは、皆さんインターネットをお使いになられる方だと思います。
ただ、お金が絡むことから失敗をしないようにしなくてはなりません。
インターネットバイキングを利用した場合、送金上限額は30000MYRとなります。また手数料は無料です。
10000.99MYR以上の送金をされる場合は送金の理由を選択しなくてはなりませんのでこちらを参照して一番近いものを選ぶようになさってください。
さて、早速利用方法をご説明したいと思います。
①CIMB Clickにログインしてください
②下記の”Pay&Transfer”を選択してください
③次に”Transfer Moneyを選択します。
④Toの欄には送金先のアカウント番号を入力してください
普通は下記のようにInstant Transferを選びます。昨年まではこちらを選ぶと手数料がかかりましたが今は無料なので誰もNormal Transferを選ばないはずですが・・・
⑤Fromは選択式になっていますので自分の口座を選択しましょう
⑥Amount欄には送金金額を、Whenの欄は通常当日を選択します。
⑦Transaction Infomation欄には何の理由で送金するのかを簡易的に説明するのが好ましいです。というのも、この文は振込先の明細に印刷されます
⑧Notify Recipient はもし必要があるのでしたら相手先のメールアドレスを載せましょう。
自分のアドレスを記載するのも可です。
SMSは0.2MYRを手数料として取られます。
⑨内容を再確認してTransfer Moneyを選択します
⑩ページが更新されますので下の方までスクロールすれば、下記が見えるはずです。
Request TACを押しましょう
⑪画面が変わるはずです
⑫登録している携帯番号にSNSが届きますので上記の欄に入れてConfirmを押してください
⑬画面が更新されSuccessfulと出て来ましたら送金完了です。右上にある・・・を押してエビデンスとして印刷しましょう。
如何だったでしょうか?
送金をオンラインでできると手間がだいぶ変わってくるかと思いますので是非トライなさってください。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告