【徹底解説】コロナ禍でも問題なし!|マレーシア留学の方法・ビザ取得方法・PCR検査・入国の方法

コロナ下でも学生ビザ取得~入国するまでの流れを徹底解説!!

皆さんこんにちは。KOKONATSです。
如何お過ごしでしょうか?
このコロナ下であっても海外留学をしたい!と考えておられる方もおられると思います。今日はそんな方のために、「マレーシア学生ビザ取得編」として記事を制作しました。
是非参考になさってください。

コロナ下でマレーシアで学生ビザを取得する手順を徹底解説!

①学校を決定して、就学する期間を決めます

学生ビザの最低留学期間は6カ月で、最長で2年までです。学生ビザは、現地で滞在期間の延長もできるので、その点、観光ビザよりも滞在条件が優遇されています。

学生ビザには年齢制限がある学校がありますので、留学を考えておらえれる場合は先延ばしをすることなく申請することも大切です。

学生ビザの取得には様々な書類手続きが必要となり、時間がかかります。最低でも、留学開始日の約5か月前からビザ取得に向けて準備を始めることをおすすめします。

②ビザ申請費用手付金を支払います

現地口座に入金を求められる場合が多いため、国際送金が必要です。金額も大きいので、手数料が取られますが、一番安全な取引方法となります。学校によっては学費との同時振込を求められるそうですので、その場合は手付金として入金をしましょう。

③学校側がマレーシア政府(Education Malaysia)に対してビザ代行申請を行います

学校が代行で進めてくれる部分です。但し、申請時に以下の書類が必要となりますので、事前にアレンジして提出しましょう。

1.パスポートサイズの写真
*背景は白であることに注意→DNPの証明写真機の「エクセレントモード」を使えば白背景で出力できます。https://www.dnpphoto.jp/products/kirei/
2.有効期間が2年以上あるパスポートの全ページのデーター
A4サイズに2ページ分をスキャンします。
(パスポートの有効期限が2年を切ってしまっている場合の対処方法:
都道府県のパスポートセンターへ問い合わせをしてみてください。大抵の場合は、学校側から「CONDITIONAL LETTER OF OFFER」を発行してもらい、それを持参してパスポートセンターへ行けば新規パスポートを発行してもらえます!)以下はレターの例です。

3.卒業証明書と成績証明書(最終学歴の学校から取得する)
学校から英文で証明書が発行できる場合は、英文で作成をしてもらいましょう。
日本語でしか発行されない場合は自分で翻訳したものを添付して提出する必要があるようです。
4.学校から配布される登録フォーム、健康自己診断書、ステイ先申告書への記入

④学校から学生ビザ承認レターが届きます

学校の情報によると、書類提出後ビザ承認レターが届くまで合計3週間程度とのことです。下記の写真がEMGSからでた承認レターの見本です。

EMGSから承認後、入国管理局に書類が回されて、e-VAL(Visa Approval Letter)が発行されます。(コロナ下では、入国審査で働いている人数を制限している場合もあるので上記よりも長くかかる場合があります。余裕を持ってスケジュール調整をする必要がありそうです。

⑤申請者が東京のマレーシア大使館に出向き、シングルエントリービザ(入国用の一時的なビザ)します

コロナ下では順番待ちに2-3か月を要するため、十分前もって予約が必要です。
【住所】:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町20−16
【電話番号】:03-3476-3840

⑥シングルエントリービザを受け取ります

通常は翌日以降に受け取れますが、コロナ下では1週間程度かかるようです。

地方に居住の方は、わざわざ東京のマレーシア大使館まで行かなくても代理人を立てることができます。
→例えば現時点では、シェルツーリスト株式会社という会社が代行申請をしています。
1.ビザ申請書2枚(こちらでダウンロード
両面印刷が必要です。
2.パスポート原本・コピー1枚
一番後ろページの署名欄は記載が必要なので忘れないようにしましょう。
3.証明写真2枚(縦5.0㎝x横3.5㎝)
写真の背景は青でも問題ないようです。
4.Approval of Pass Application原本・コピー1枚
現段階で日本にいる場合は、マレーシア側から原本を送ってもらう必要がありますので注意しましょう。
5.入国許可証(Entry Approval Letter)原本・コピー1枚
6.Eチケットお客様控え
英語で記載されたものが必要です。VISA申請時に出発日が未定の場合は、キャンセルが可能な航空券を証明書として発行する方法もあるかと思います。

コロナ下でもマレーシアに渡航できる方法をを徹底解説!

⑦入国許可の取得します

以下がマレーシアの入国許可を取得する為のウェブサイトとなっています。
MyTravelPass Application:http://eapp.imi.gov.my/spo

⑧出国前3日以内に取得したPCR検査結果を取得します

PCR検査の際に必要な情報は以下となります。
・検査機関フォームのハードコピー
「外国で取得したワクチン接種証明書についても、国際入国地点(KLIA等)で自宅隔離のために利用することが可能。」という発表がなされていることから、日本国外務省から発行されている公式な書式でも問題ないかと思われます。→こちらからダウンロード
在京マレーシア大使館ツイッターにおいて、「英語でなければならない(The Certificate of the Test must be in English and must be ISO accredited or equivalent)」とされていますので、英語の証明書を発行しましょう。
・氏名、パスポート番号、検査手法(RT-PCR又はRapid Molecular)、検体採取法(鼻咽頭スワブ及び口腔咽頭スワブ又は唾液)
スワブ検体に限るということで、唾液等での検査は認められておりませんので注意が必要です。
・結果が陰性であること
・出国前3日以内に検体を採取されていること
・(グループの結果ではなく)個人の結果であること
・医師の名前

それで、検査方法を検索する場合は「鼻腔ぬぐい液」に対応している病院を探しましょう。
参考までに弊社がある福岡県でPCR検査している機関をご紹介します。渡航者およびビジネス上必要な方が対象です。一般の発熱者や単なる希望者には対応できない病院が多いので注意が必要です。また、渡航目的を証明する書類(パスポート持参必須)が必要ですので忘れずに持参しましょう。

安い・早いPCR検査機関は厚労省が出しているサイトを参照するのが一番早いですね!
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-jihikensa_00001.html

博多南ビル内科クリニック
住所:KDX博多南ビル 4階
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3−11 KDX博多南ビル 4階

【費用】
スワブPCR:28,000円(税別)
診断書(英文)  5,000円(税別)

【結果発行日】
午前に来院された場合は翌日14時頃(目安)
午後に来院された場合は翌日16時頃以降(目安)
金曜日の検査結果は土曜日13時に間に合わず月曜日の結果報告になることがあります。

松尾小児科医院
住所:福岡市中央区薬院3-11-8

【費用】
鼻咽頭ぬぐいPCR検査 28,600円(税込)
検査結果証明書 2,200円(郵送をご希望の場合、送料 660円)(税込)

【結果発行日】
平日11時まで (土曜は12時30分まで)に検査を済の場合、翌診療日9時以降に結果証明書を発行
平日11時以降の検査の場合、翌診療日12時以降に結果証明書を発行

ひのきクリニック
住所:〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-8-34 博多駅FRビル 7階

【費用】
スワブPCR  :28000円(税別)
英文診断書  :5000円(税別)

【結果発行日】
検査後翌日に発行。
(但し、火曜日検査は翌々日発行
金曜日の午後検査は、日曜日以降発行
日曜日の検査は、月曜日18時以降に発行
その他の曜日13時までの検査は、翌日10時に発行
17時までの検査は、翌日16時に発行)

⑨マレーシア到着後の隔離施設の準備を完了します

ワクチン2回接種完了者であって、14日間自宅隔離を希望する場合:
下記必要書類をまとめ、マレーシアに向けて出国する2週間前に保健省(hso@moh.gov.my)へメールしましょう。

・「名前」
・「パスポート番号」
・「自宅住所」
・「ワクチン証明書」
・「陰性証明書(PCR検査、スワブ検体)」

自宅隔離許可を得た場合、同許可メールをプリントアウトして、大事に持参するようになさってください。マレーシア入国時に係官に提示必要があるようです。
「なお、通常は保健省へメール提出後48時間以内に返信をするが、陰性証明書の取得時期との関係でメールに添付できない場合は、陰性証明書は国際入国地点で示すことでも構わない。」とのことなので、陰性証明が間に合わない場合は現地提示でも問題ないと思われます。

マレーシアに自宅がなく、14日間ホテルでの隔離を希望する場合:
プレミアム隔離施設の手続きはこれまで直接ホテルと調整することとされていましたが、MySafeTravelポータル(https://safetravel.myeg.com.my/)」経由でも行うことが可能となりました。プレミアムサービスは、マレーシア国際空港(KLIA)からホテルへのリムジンサービスや、バラエティーに富む食事オプションがあるため、より快適な隔離を行えるようです。

以下がプレミアムサービスを提供しているホテルです。
HISもプレミアムホテルのプランを用意しているようなので予約等に不安がある場合は利用できるサービスです。→https://www.his-j.com/corp/engagement/package/malaysia/
(セランゴール州)
・Marriot Putrajaya
・Sama-Sama KLIA
・Dosset Subang
・Hilton Petaling Jaya
・Hilton Garden In Puchong
(クアラルンプール)
・Grand Millinium Bukit Bintang
・Istana KL
・Impiana KLCC
・Swiss Garden KL
隔離費用は各ホテルで異なるようなので、要問い合わせです。

⑩MySejahteraアプリ((https://mysejahtera.malaysia.gov.my/intro_en/ )のダウンロードを完了します

MySejahteraとは、マレーシアで用いられているコロナ下で特別に開発されたアプリです。コロナに関連した情報を収集したり、ワクチン接種の予約、ワクチン接種証明、店舗へのQRコード登録などマルチな活躍をしています。現地人であっても外国人であっても同様にインストールが義務付けられています。

⑪日本のワクチン証明書のMySejahteraアプリへの移管をします

最新の情報によると、海外で取得したワクチン接種証明書のMySejahteraアプリへの移管方法は、従前の方法である「当局へのメール申請」に代えて、「最寄りの保健所への出頭」が必要になりました。マレーシア政府が定める法律では、紙形態のワクチン証明書でも使用できることとなっており、アプリへの移管がは必須ではないようです

MySejahteraアプリへの電子証明書への移管を「どうしても」希望する方は、最寄りの保健所へ行き、自治体から発行されているワクチン接種済証明書を提示する必要があります。マレーシア保健所職員は書類を確認後、地区保健局を通じてMySejahteraにデーターを移管します。

以下が移管に際して必要な書類となっています。自分なりに纏めて頂いても宜しいそうです。

 ・氏名
 ・IC/パスポート番号
 ・MySejahteraID
 ・国籍
 ・職業
 ・自宅住所
 ・1回目接種に係る情報
   ・接種した国
   ・接種場所(もし分かれば)
   ・接種日
   ・接種時間(もし分かれば)
   ・接種した医師の名前
   ・ワクチンの種類/シリアルナンバー
 ・2回目接種に係る情報
   ・接種した国
   ・接種場所(もし分かれば)
   ・接種日
   ・接種時間(もし分かれば)
   ・接種した医師の名前
   ・ワクチンの種類/シリアルナンバー
保健所出頭時には、以下の書類を持参しましょう
  ・IC/パスポート番号
  ・1回目及び2回目のワクチン接種証明書

不明な場合の問い合わせ先

英語での問い合わせのみとなってしまいますが、以下が問い合わせ先となります。

MyTravelPass Application:http://eapp.imi.gov.my/spo
MySejahtera:https://mysejahtera.malaysia.gov.my/help_en/
MySafeTravel:https://safetravel.myeg.com.my/contact
MyEntry:https://esd.imi.gov.my/portal/about-us/contact-us/
Home Quarantine (HSO):cprckkm@moh.gov.my
Visa:consular.tyo@kln.gov.my

弊社KOKONATSでは、語学学校などの学生ビザを取得するに当たってコンサルティング(有料)も行っております。対応できかねる分野もありますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント