【厳選】マレーシアで使える便利アプリ

シェアする

ところ変われば必要なアプリも変わります。

今回はマレーシアにおいて欠かせないアプリをピックアップして紹介したいと思います。

使える度☆☆☆☆☆

まずは移動手段です。マレーシアはこれができて格段に住みやすいところになったといっても過言ではありません。好きなところで呼べばタクシーが迎えに来てくれます。前もって料金が表示されるので騙される心配も少ないです。

  • Uber

使える度☆☆☆☆☆

日本でも話題のUber。Grabと同じような機能ですが時間帯によりより変動が大きいという印象があります。(あくまで主観です)

  • Google Map

使える度☆☆☆☆☆

運転するときの必項アプリ。日本と違いマレーシアは上下で道路が並走していることが少ないせいか通常のカーナビと比べても遜色ない印象を受けます。カーナビ業界はマレーシアでは大変です。

マレーシアでは新しく道路ができたり頻繁に地図が変わりますがそれにもしっかり追従してくれています。

  • Waze

使える度☆☆☆☆☆

前述のGoogle Mapと同じナビゲーションアプリですが、ローカルの利用率が高いため位置情報等がこれでシェアされるかもしれません。

警察の検問、事故情報、友達の場所の情報等を共有することが可能です。

  • Offpeak

使える度☆☆☆

やはり食事。新規開拓のときはこれを使用しています。ディスカウント価格でトライできるし、ローカルの評判も事前にチェックできます。近くにある店等検索項目も豊富です。

割引を受けるために入店前にアプリで予約を済ませてください。入店時に予約画面を提示します。

楽しい(おいしい)マレーシアンライフを!

  • Whatsapp

    使える度☆☆☆☆☆

whatsapp

日本でいうLineアプリです。こちらではLineはあまり使われずに友達同士のコンタクトやビジネスにおいてこのWhatsappが多用されます。

  • Music FM

使える度☆☆☆☆

Music FM

日本でも有名なアプリですね。こちらで音楽の話題になっていい曲を教えてもらった時は速攻これでダウンロードです。音楽は言語の学習にいいと言いますが本当です。渋滞のイライラからも救ってくれます。

アップルにマークされダウンロードできる時とできないときがありますが姿形を変えてApp Storeに現れ続けています。

  • SMARTalk

使える度☆☆☆

Smartalk

長期滞在者には日本の番号を使え、しかも日本にかける際国際電話料金が発生しないという優れものです。短所としては2週間起動しないとプッシュ通知が使えない、1年間利用しないと自動解約させられてしまうということです。注意して使ってください。

  • Google Translate

使える度☆☆☆☆☆

google translate

最近まで知らなかったのですがこのアプリ、写真、録音、書き込んで翻訳可能です。

  つまり

  レストランのメニューの写真を撮って日本語に翻訳、

  相手の言っていることを録音して翻訳、

  相手に書き込んでもらっての翻訳、

といった使用方法が可能であるということです。

はい、最強です。マレー語、中国語、タミール語ドンとこいです。