新築の方が安い!マレーシアの賃貸事情とその理由

シェアする

マレーシアの新築住宅は日本と異なり賃料が安く設定されています。10~20%は安いでしょうか。

理由は不具合が多く発生するからです。

何が起こるのでしょうか?

1) ガラスの破損

風呂場を掃除していたらシャワースクリーンに使用されている強化ガラスが崩落しました。

IMG_3393

2) タイルのはがれ、崩落

床タイルがある日突然音を立てて盛り上がってきます。

壁のタイルが落ちます。

原因はタイル施工に適したモルタルを必要な量使用していないこと、あまり考えたくありませんが建物の構造が歪んできていることが考えられます。

3) 壁のひび割れ

これは本当によく起こります。もはや新築物件の宿命と言っても良いかもしれません。

理由は工期の短縮によってコンクリートが十分養生されない間に壁のプラスターを塗ってしまったことが考えられます。

4) 漏水

これも新築物件の宿命です。キッチンシンク下の排水トラップ、トイレのシンク下の排水トラップの所はほぼ確実に漏れています。それくらいであれば自分でいずれ直せるようになると思います。DIYショップにおいてある白いテープを使って補修します。

問題は上階からの漏水です。新築だとチェックするのは難しいかもしれませんが漏水跡がないかどうかは必ず入居前に確認しましょう。

上記の問題はもちろん同じコンドミニアムの他の物件でも発生しています。そのため修理音がうるさいという方もいらっしゃいます。