一覧

マレーシア不動産の適正市場価格を知る方法

不動産取引を行うとき外国人はカモにされやすいです。お金もあるしその国のマーケット事情を知らないと判断されるからです。しかしありがたいことにマレーシアには過去に幾らで同様の不動産が売買されたかの情報が一般公開されています。その情報を知っていれば騙されることは皆無に近くなるでしょう。

マレーシア現地物件情報

富裕層向けではないローカル用コンドミニアムでかつ日本人も住めそうなコンドミニアムの紹介です。 セキュリティもしっかりしています。コンドミニアム内部のコミュニティもしっかりしているので現地の人たちと接するには良い物件です。

Expat Clause

2年以上の賃貸契約を結び就労ビザで在住する場合は家の賃貸契約書にExpat Clauseという項目を入れることができます。

良い施工業者の見つけ方

不具合が多々生じるマレーシア。そのたびにどのように施工業者を探すのかの問題が生じます。知り合いや友人でやってくれる人、紹介できる業者がいればよいですが、それ以外にどのような方法が使えるでしょうか。

家を借りる④ (契約書編)

いよいよ家の契約です。しかしせっかくいい家が見つかっても契約書をよく読まないと快適には暮せません。どのような注意点があるでしょうか。

NO IMAGE

Stamp Dutyの計算方法

Stamp Dutyは家を契約するときの契約書の印税です。これはマレーシアでは多くの場合借る側が払わなければなりません。金額は法律により定められています。

家を借りる③ (価格交渉編)

内覧してよさそうであれば価格交渉です。日本人というとお金持ち。そうすると価格交渉は難しいのではないかと思われるかもしれません。しかし全く問題ありません。ローカルチャイニーズでもお金持ちはたくさんいますが激しく価格交渉します。

家を借りる② (内覧編)

エージェントの番号をゲットしたらいよいよ電話をして内覧です。内覧する際のチェックポイントは幾つもありますが、ここでは特に重要なものだと筆者が考えるものをお伝えいたします。