【体験談】アップルストア・マレーシアでipadの電池交換を頼むと損をする説

シェアする

Apple製Ipad(アイパッド)をお持ちの皆さん,

最近電池の減りが早いと感じていますか?

マレーシアで簡単に調べものをしたいと思ってAppleの高価デバイスを購入された方も多いかと思います。または仕事などのミーティングに利用する為に購入された方もおられるかもしれません。

便利だから買った代物なのに電池の減りが早い為に一日の終わりに何かを調べようと思った時にバッテリーが0ということはないでしょうか?

特に古いモデルを使っておられる方にとっては”あるある”の出来事ですよね。

今日はそんな方の為に「電池交換」というテーマで記事を書きたいと思います。

自分でDIY

これが一番安い方法です。インターネットで他の記事を見るとDIYを実践している勇者が多数います。Ipadをだめにする覚悟で臨む必要がありますので,まずは覚悟を決めてからDIY用の道具を買われるようにしてください。

下はアマゾンで購入する時のリンクになります。

日本のappleストアでの対応

基本日本のappleストアでは全モデルにおいて電池交換サービスを提供しています。所要時間としては,店舗に在庫があった場合はその場での即日交換,在庫がない場合でも5営業日以内で完了するのが通常です。ただし,刻印があるものの場合は特注になるため約2週間かかる場合もあるようです。

電池の交換費用は11400円(税別)となります。

ここで注意して頂きたいのが他の損傷個所があると例え電池交換だけをお願いしたくてもエキストラで金額が掛かってしまうことです。

例えば,ipad mini2の画面にヒビが入った状態で「電池交換」の申し込みをしたとします。その場合は修理箇所として「画面交換」と扱われてしまう為22800円(税別)費用が発生してしまいます。

他のモデルの価格に関しては下記をご覧ください。

(参照元;Apple公式サイト

マレーシアのappleストアでの対応

マレーシアに移住されている方で

「そろそろ電池交換の為に公式ショップに行ってみよう」

と思っておられるあなた!

結論から述べさせてください。

時間の無駄ですよ。

なぜなら,何とマレーシアでは電池交換のサービスが日本とは異なるからです。

マレーシアにはapple認定ストアというものが多数存在していますが,今回はクランバレーで有名な2店舗に電話で問い合わせてみました。

 iTworld® 

1998年に開業した老舗で現在10店舗を国内に構える大型ショップです。300人ほどのapple認定インストラクターが在籍しています。

そんな店舗ですが,早速Ipadの電池交換の問い合わせをしてみました。

「Ipadの電池交換をしたいのですがお値段を教えてください」

回答ー「電池交換は,受け付けておりません。

なるほど,小さい店舗では受け付けていないんだ,という理解で他の店舗にも問い合わせてみました。

Machines®

上記よりも後の2006年に開業した企業になります。2018年現在マレーシア最大の認定店として14店舗をクランバレーに出店しています。

そんな店舗にも同じ質問をぶつけてみました。。

回答ー「電池交換は,受け付けておりません。

しかも,電池を交換する人達は通常新しいIPADを購入していますよ~とのことでした。

結論

マレーシアのAppleストアでは何故か電池の交換を受け付けないという不思議な事態が発生しています。もし電池を交換される場合は出張で行かれるタイミングか,一時帰国の時に行うようにされるのがベストですね。

マレーシアで激安で修理したい方はこちらをご覧ください。