インドのプリペイドSIMカード (MTNL編)

シェアする

MTNL

インドの州管轄のプロバイダです。近いうちにもう一つの州管轄のプロバイダBSNLと合併することが予想されています。

ムンバイとデリーを管轄しています。

BSNLの都市部でのネットワークのつながりやすさの評判はあまりよくありません。4G/LTEの導入も検討されていますがまだ実現には至っていません。

スポンサーリンク

購入場所

通常 SIMはRs.20、USIMがRs.59で販売されています。

通話分Rs.20相当+クレジットRs.96+500MBが付いてきます。有効期限は30日です。

プリペイドSimの使用を開始するにはSimのアクティベートが必要です。公式には5~6時間といわれていますが、4日間ほどかかる場合もあります。

最近では2時間ほどでアクティベートされる場合が多いです。

アクティベートするには59059にダイアルする必要があります。初めに登録した自分のIDの下四桁が確認されます。

おおよそ2時間後には回線が開通します。

プラン

ここでインド独自の取り決めとして一つのことを抑えている必要があります。

インドの携帯電話市場は22の区分(サークルと呼ばれている)に分けられています。

それぞれのサークルでプロバイダにライセンスの認定が行われています。

そのため同じ事業者でも各サークルでプランの料金設定が異なっているのです。

各サークルの区分についてはこちらをご参照ください。

データパッケージ(デリーの場合)

プラン名価格(Rs.)データ量有効期限
Daily Data Pack4120 MB1日
3G 2019750 MB1日
3G 42421.5 GB3日
3G 5050300 MB30日
Weekly Data Plan763 GB7日
3G 99991.5 GB30日
3G 1751753 GB30日
3G 2502504.5 GB30日
3G 4504509 GB30日
3G 65065015 GB30日
3G 11901,19013.5 GB90日
3G 11991,1999 GB180日
3G 12001,20022.5 GB30日
3G10111,01115 GB30日
3G19491,94930 GB60日
STV14491,4491GB/30日
(1年契約後は+1GB/30日)
365日

パッケージプラン(デリーの場合)

プラン名価格(Rs.)パッケージ内容有効期限
PLAN 123123ローカル通話123分+国内通話123分+3G 123MB無制限
PLAN 124124ローカル通話124分+国内通話124分+3G 124MB無制限
PLAN 127127ローカル通話127分+国内通話127分+3G 127MB無制限
PLAN 128128ローカル通話150分+国内通話50分+3G 500MB365日
PLAN 2525通話10分+同事業社内ローカル通話100分+3G 50MB365日
PLAN 4949ローカル通話60分+国内通話20分365日
PLAN 249249ローカル通話300分+国内通話100分+3G 1GB365日
Jodi plan44ローカル通話100分+通話30分+3G 200MB365日

パッケージプラン(ムンバイの場合)

価格(Rs.)パッケージ内容有効期限
223G 200 MB3日
513G 300 MB28日
523G 400 MB14日
763G 1GB7日
7777 SMS通+3G 350MB14日
993G 1GB28日
199ローカル通話10,000秒+国内通話5000秒+100 SMS通+3G 2GB28日
298ローカル通話12,000秒+国内通話10,000秒+SMS200通+300MB28日
2993G 3.5 GB28日
396ローカル通話20,000秒+国内通話10,000秒+SMS150通+3G 4GB28日
5193G 6.4 GB28日
5493G 5GB90日
6713G 8.5GB28日
6753G 5GB120日
7753G 6GB150日
7863G 11GB28日
8493G 6GB365日
8763G 13GB28日
8883G 9GB56日
9493G 15GB28日
1,0113G 18GB28日
1,1893G 10GB90日
1,2513G 900MB365日
1,2993G 14GB365日
1,9493G 24GB56日
3,9993G 80GB365日

Tourist Sim

2017年よりインド政府は観光客相手にTourist Simの販売を始めました。空港で無料で提供されています。このプリペイドSimはすでにアクティベートがなされており、他のプリペイドSimで行わなければならないアクティベーションのプロセスを省くことができるという大きなメリットがあります。

eVisaを取得した観光客を対象としており、インドの15の国際空港で取得することができます。パスポートに添付されたe Tourist Visaを添付するだけで即時発行されます。

通話用クレジットRs.25+50MB が含まれています。有効期限は1か月です。チャージすることによってこの有効期限を延ばすことができます。

初期設定はSMSの受け取りのみとなっているので、通話・SMS送信・インターネット機能を追加するためには

9440087000あてに

ACT【ビザの番号】【有効期限 日/月/年】

とSMS送信する必要があります。

12か国語でサポートがなされています。

※e Tourist Visaとは

e-visaとも呼ばれる、観光・短期の商用目的(報道関係者は不可)に使用されるビザです。オンラインでの申請ができます。滞在期間は30日まで(延長不可、複数回入国不可)です。インド入国4日前までに申請しなければなりません。ビザ費用の支払いはクレジットカードのみの対応です。

チャージ方法

チャージ額Rs.10~2,700の範囲でチャージができます。店舗でバウチャーカードを購入するほか、オンラインでもチャージが可能です。

*400# 【16桁のPIN番号】# にダイアルします。

例) *400#1234567890123456#

9868199900にダイアルします。

APN設定

APN: mtnl.net

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告