【速報】マレーシアでの選挙日程が決定~今後の私たちへの影響は?~

シェアする

皆さんこんにちは。Kokonatsです。

本日,遂に以前特集した選挙日程がマレーシア政府選挙委員より正式にアナウンスされました。結局遅れに遅れ地元の間で噂になっていた3月中ではありませんでした。。。

今年は2018年5月9日と決まったようです。

街の中は政党をアピールするため各政党の旗があふれています。

私たちは選挙に関与しない為どちらの党がどんな公約で,どちらが勝利するなどに関しては特に興味もなく,当Kokonatsでは特に扱いませんが私たちの生活に直接どう影響するかどうかということに関して随時扱っていきたいと思います。

概要

マレーシアには「上院」と「下院」の2院制を取っていますが,今回は議会下院が5年の任期満期まで2か月以上を残しての解散となります。

マレーシアの選挙システム上,ボルネオ島で投票する1票の重さが半島の1票ち約9倍の差が出てしまうという不公平選挙のようです。

5年ぶりに行われる選挙ですが,大問題となっている1MDBは収まっておらずや経済の停滞・弱体化といった問題が国民の不安や不満の元ともなっているようです。

選挙用語

BN・・・与党連合の事で半島のマレー人,中国人,インド人の3つの部族別に結成された政党の連合対のことです。

UMNO・・・BNの最大のグループマレー人民組織です。要するにマレー人が主要支持である政党のことです。因みに中国人で構成されたBNはMCAと言い,インド系はMICと言われます。

PAS・・・与党UMNOの宗教部が分離した野党の一つでイスラム国家の樹立を目指している政党です。マレーシアイスラム党とも呼ばれます。言うまでもなくマレー人を中心とした組織です。

DAP・・・中国人が中心となる政党で民主行動党とも言われています。1965年のシンガポール独立後に発足しました。

マレーシアの新聞に上記の単語が出てきた時に助けになるかもしれませんので是非見比べてみてください。

今後の日程

4月28日には222人の議員の候補者名と587人の州議員の候補者名が開示され,

それに続いて11日間の各候補者の宣伝活動があります。

最終的に5月9日に選挙がなされるとのことです。

現在の経済へのダメージ

リンギット対円の為替を調べてみましたが特に変動はなく今のところマレーシア経済に混乱等の問題は発生していないようです。

選挙結果によってはリンギットが急落,または急上昇する可能性もあるために心の準備が必要です。マレーシアにて働いておられる方で円の口座が少ない場合は換金しておくのも一つの防衛手段かもしれませんね。

公共交通機関への影響

マレーシア航空,ファイアフライは声明を出し,5月8日から10日のフライトチケットに関してはチケット日時の変更を期間限定無料で行うことができるとのことです。

4月10日~20日ですので,何かの用事でちょうど都合が悪くなった方には好都合かもしれませんね。

またアップデートがありましたら当ブログに載せて行きたいと思います。

コメント

  1. ニッシー より:

    こんにちは。
    いよいよ選挙日が決まったのですね。
    日本にいるマレーシア人も、日本で投票が出きると良いですね。

    ニッシー

  2. kokonats2 より:

    ニッシー様
    コメントを頂きありがとうございます。
    3月前から皆ざわざわとしていましたがマレーシア政府もようやく解散を踏み切ったようです。
    まだまだ不安定な発展途上国ですので新たな制定などが私たちにどう影響してくるのかが注目です。