Pos-Lajuから来た不在連絡票を処理する方法ー代理人による窓口受取

シェアする

皆さん、こんにちは。kokonatsです。

皆さん如何お過ごしでしょうか?

マレーシアにずっと住んでいると日本の食品が恋しい、、、

そんな時はないですか?

多くのスーパーマーケットで日本の食材が簡単に入るようになりましたが、それでも全てのものが手に入る訳ではありません。

そんな時に頼る必要があるのが日本にいる友人や親族ですよね。

「すみませんが,お金を払うのでこれこれを送ってーとなる訳です」

そんな時に活躍するのが,国際郵便ですね。通称EMSとも呼ばれており,航空便を使って行っているサービスのことです。

ただ問題なのが,配達の時間指定が出来ないという点です。

配達は予想もしていない時に突然にやってきます。

仕事や,遊び,学校,友人との食事やショッピングなどでほとんど一日中家を空けておられる方もいますよね。

そんな時,運ばれてくる荷物はどのように処理すればいいのでしょうか?

うーーーん。。。。

誰かに頼もう!!

っと思いつくこともあります。

でも、どうやって?

そんなに答えるべく,今回は窓口での代理人による荷物受け取り方法を紹介したいと思います。

先日↓のような不在連絡票がポストに投函されていました。

不在連絡票の上部に載っている情報は郵便局の人によって埋められて来ている項目です。対して、「Surat Kurasa」という①~④項目は全て依頼者が書き込まなくてはいけない項目になります。

さあ、どうやって代理人申請をするのでしょうか?

まず、不在表リストの埋め方をご説明したいと思います。

①は郵便物を実際に取りに行く人の名前とパスポート番号になります。

②以降は全てこの不在連絡票を受け取った人物の情報になります。②は本人の名前をアルファベットで記述、③は本人のパスポート番号、④は本人の自筆のサインをする必要があります。

不在連絡票を全て埋め終わったら、代理人は赤丸②で書かれている住所に車で向かう訳です。

今回向かったのは,Kota DamansaraにあるPos Lajuです。車で行っても、目の前には青空駐車がどこでも出来る為全く不便に感じません。

外から特に許可なく敷地内へずかずかと入って行くことができます。そして赤の矢印の部分のドアを開けて入ってゆきましょう。

建物に入ると目の前に現れるのは3つある窓口です。

どれも関係ない窓口なので、間違ってそちらに並ばないようにしましょう。

入ってすぐ右の「KAUNTER PUNGUTAN」窓口が、不在票を処理してくれる場所となります。

不在連絡票を窓口にいるスタッフへ渡すと、奥から荷物をゴソゴソと出してきてくれます。

如何でしたか?

自分では処理する時間がない場合は友人等に依頼して荷物を受け取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告