マレーシアの運転は荒いはデマ!ただクレイジーなだけっ

シェアする

マレーシアは運転が荒い!

マレーシアの運転は危ない!

自分で運転しないほうがいい!

果たして本当にそうなのか???

結論から言いますっ。それほどでもありません。

東京の通勤ラッシュ時の運転の方が100倍危ないです。

いや名古屋も相当危ないと言うぞ。。

ではなぜマレーシア人の運転は危ない、もしくはへたくそだというのでしょうか?

スポンサーリンク

答えはクレイジーだからです。

マレーシア人はクレイジーです。

クレイジーをこよなく愛しています。

クレイジーは彼らのアイデンティティです。

クレイジーは彼らにとって誉め言葉です。

今度仲の良いマレーシア人にあったら言ってみてください。

You are so crazy!

きっと喜びます。

したがって運転ももちろんクレイジーです。

ダブルパーキング

訳すと二重駐車。

駐車場がないところ、特に屋外のショップロットでこの光景を見ることができます。

または学校の送り迎え時の時、学校の周りで

金曜日の礼拝時に、モスクの周りで発生します。

マレーシアに住んでいればいつかはあなたももきっとやられます。

や・ら・れ・た、、、

でもご心配なく。解決方法はいくつもあります。

1.まずは車のダッシュボードを確認

よく見てください。きっと電話番号が書いてあります。

Call me: 012-○○○-○○○○

とかです。そこに電話を掛けます。

でも怒らないでください。ここのルールなのですから。

もしくはただクレイジーなだけなのですから。

英語ができなくても全く大丈夫。ただ2単語を言うだけです。

Car. Now.

それだけで相手は察します。

しかし不運なことにダッシュボードに携帯番号が書いていないことがあります。

または残念なことに運転手がなかなか来ないことがあります。そうなると次の手を発動です。

2.クラクション攻撃

遠慮はいりません。日頃のストレスを発散しましょう。

プップー!

最初は日本の時のように

そして反応なければ

プーーーーーー!

それでも反応がなければ

プーーーーーーーーーーーーーー!

ずっと長く押していても皆慣れてきてしまうので、時に長く・そして時にリズミカルに。

リズムセンスが試されます。

95%の確率でここまでで解決します。

でも怒ってはいけません。

You are so late!

ということはできるかもしれませんが。

まだ怒るところではありません。

もう一度言います、彼らはただクレイジーなだけなのですから(誉め言葉)

非常に残念なことにそれでも来ない場合は!?

3.試しに車を押してみましょう

二重駐車常習犯の方々は手慣れたもので、親切にもサイドブレーキを上げずに下ろしたまま、イカレ行かれます。

はい。

要するに

押せってことです。

ここまでくると若干怒っていいです。

または、今日はツイテいなかったな。。という感じです。

でも激おこはダメですよ。

なんたってそのドライバーはただ単にクレイジーなだけなのですから。

サイドブレーキがかかっていて押せない場合。

それでもってドライバーも来ない場合。

4.待ちましょう

ここまでくるとマレーシア人も怒ります。

釘を買いに行きニコニコしながらタイヤに。。。。ここではそれ以上は言及しません。

(余談ですが車屋の前の駐車スペースはいつも空いていますが、決してそこには車は停めないでくださいね。同じ目にあいそのお店でタイヤを交換するお客様になります。)

近くのカフェで待つかしましょう。

前の車が突然止まる

おいっ!となりますが、これも致し方ないことです。

道を間違えただけですから。

人を下すだけですから。

あるいは荷物を下すだけですから。

それともただ単純に運転がへたくそなだけなのかもしれません。

こちらではお金を払えば免許は買えますから。

マレーシアの道路は新人・未経験者大歓迎です。

なんなら中学生がノーヘル、バイク2人乗りで道路を走っています。

バイクの高速道路の路肩逆走もあります。

でも前方の車がバックしてきたり、あまりにも長く停車していたらクラクションを鳴らしましょう。

事故の周りは大混雑

不幸なことに事故にあった場合、野次馬根性炸裂です。

みんながみんな追い越すときにゆっくり運転して通り過ぎます。

そう

Picture Time!

事故にあった人は不運な方々。

そんな不運な方々にはきっと幸運なことが訪れると信じて、それにあやかろうと車のナンバープレートの写真を撮るわけであります。

そして賭け事にその番号を使います。

Good Luck!

運転時、車間間隔常に狭め

でも大丈夫。

車線変更するときは方向指示器を出して、ゆっくり隣の車をつぶすようにして車線変更します。(ただしセダン型以上の大きめの車限定)

相手はつぶされるのを恐れて譲ってくれます。

コンパクトカーなどの小さめの車を運転している方は、方向指示器を出してから、相手が車間を詰めて来ないのを確認して車線変更します。

うっかり詰めてこられて場合は、その車をやり過ごしてから後ろのスペースに入りましょう。

きっとその人は仕事でカリカリ・ストレスモードだったのです。

運転手と目があったら変顔をして和ませてあげましょう。

方向指示器を出さない

車がこちら側に寄ってきたら、もしかしたら駐車するのかもしれません。

あるいは車線変更かも

危なければクラクションを。

でもスピードに余裕のある場合は譲ってあげてください。

たかが1台分後方に移動するだけです。実際目的地に到着するまで大して時間は変わりません。

クレイジーを持ってクレイジーを制す。

クレイジーなハッピーMalaysian Lifeを!

あ、でもあまりにもクレイジーなドライバーを見つけたら、Whatsappアプリを使って通報できるようになりました。

現在試験運用が開始されました。

Saturday, 24 June 2017

JPJ launches WhatsApp number for lodging complaints

TAPAH: The Road Transport Department (JPJ) has launched a dedicated mobile phone number for the public to lodge complaints via WhatsApp.

JPJ director-general Datuk Seri Nadzri Siron said that motorists could direct their complaints against other road users to 011-5111 5252.

【出典: The Star Online    http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/06/24/jpj-launches-whatsapp-number-for-lodging-complaints 

通報することができるのは主にバイクユーザーです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告