北朝鮮のプリペイドSIMカード (Koryolink編)

シェアする

Koryolink

平壌とその周辺を主にカバーしており、外国人向けのプリペイドSimの販売も行っています。

エジプト企業のOrascom Telecom MediaとTechnology Holding、北朝鮮国営のKorea Posts、Telecommunications Corporationとの合弁会社として発足しましたが、Orascom Telecom Mediaと北朝鮮当局との関係が悪化し、取引が途絶えています。

2008年からは3Gサービスが開始され、人口の9割以上をカバーしています。

スポンサーリンク

購入場所

2013年以前は外国人が北朝鮮国内に携帯電話等の情報端末を持ち込むことは許可されていませんでした。

近年その状況が変わり、携帯電話の所持を当局に申告すれば北朝鮮国内に携帯電話を持ち込めるようになりました。

平壌国際空港、平壌市内の取扱店で購入可能です。購入は現金のみの受付です。購入にはパスポートなどの身分証明書が必要です。

プラン

観光客用

プリペイドSimの有効期限は、使用後に北朝鮮国民に譲渡するのを防ぐために、ビザの有効期限に設定されています。

基本的にはプリペイドSimを観光客に貸し与えるという概念なので、帰国時にはプリペイドSimを返却することになっています。

プラン名価格(€)クレジット(€)有効期限
Visitor Line 1503014日
Visitor Line 2755530日
Visitor Line 31008060日

国別の国際電話レートは以下の通りです。

通話レート(
中国1.43
モンゴル1.73
ロシア0.68
フランス0.38
ドイツ1.58
イギリス1.58
スイス0.38
ポーランド1.58
イラン0.98
エジプト0.68

インターネットデータはUSD200/50MB ほどになっています。

外国人が購入するプリペイドSimは、海外に対しては通話が行えますが、北朝鮮国民に対しては通話できない設定となっています。外国人が利用する特定のホテルや大使館、オフィスとは通話可能です。

開通まで48時間かかります。

外国人用

北朝鮮に頻繁に出入りする外国人や、長期滞在者にのみ与えられます。この場合プリペイドSimを購入することができます。

価格は50€ほどで、そのほかに月額6€がかかります。国内通話200分とSMS20通が付いてきます。

3Gインターネット回線につなぐにはさらに追加で接続費を払う必要があります。

接続費は以下の通りです。

プラン名価格(€)データ量上限を超えた場合
携帯用Mobile Internet1050MB0.15€/MB
パソコン用Browser Package1502GB0.05€/MB
Streamer Package2505GB0.04€/MB
Business Package40010GB0.02€/MB

携帯電話でデータ使用をアクティベートするには *#FD75A# とダイアルします。

接続を辞める場合は *#FD75D# とダイアルします。

チャージ方法

平壌国際空港、平壌市内の取扱店でチャージ可能です。

残高の確認は *900*# にダイアルします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告