イギリスのプリペイドSIMカード

イギリスのプリペイドSIMカードプロバイダ

イギリスのプリペイドSimのプロバイダは次の4社です。

イギリスのプリペイドSIMカード (EE編)
EE Orange UKとT-Mobile UKが合併してできた会社で、イギリスで最大のプロバイダです。 エリアカバー率も最も広範で、3Gは人口の98%、4G/LTEに至っても人口の95%をカバーしています。 インター...
イギリスのプリペイドSIMカード (Vodafone編)
Vodafone イギリスにおいて2番目に大きなプロバイダです。4G/LTEでは人口の85%をカバーしています。 カバーエリアはこちらをご覧ください。 すべてのプリペイドSimが4G/LTEサービスに対応しています。 ...
イギリスのプリペイドSIMカード (O2編)
O2 イギリスにおいて3番目に大きなプロバイダです。 カバーエリアはこちらをご覧ください。 すべてのプリペイドSimが4G/LTEサービスに対応しています。 購入場所 Simそのものは無料で...
イギリスのプリペイドSIMカード (3編)
3(Three) イギリス国内で先を行く他の4つのプロバイダに対して、価格面で攻勢をかけています。インターネットスピードも他社と比較して良好です。 4G/LTEサービスは2013年より開始され、人口の6割以上をカバーしていま...

 

 

通信環境

イギリスにおいて通信環境は良好です。人口の9割以上は3Gネットワークによってカバーされています。

4G/LTEにおいては、プロバイダにもよりますが、人口の6割から9割以上がカバーされています。

地下鉄の駅等ではつながりませんが、使用できるように整備が進んでいます。

 

 

購入に必要な書類

イギリスにおいてプリペイドSimは「Pay as You Go」と呼ばれ販売されています。

イギリスでプリペイドSimを購入する際には、パスポートなどの身分証明書登録等の書類手続きは必要ありません。

しかしイギリスのプリペイドSimは、未成年に有害な情報が及ぶのを防ぐためフィルタリング(コンテンツロック)されています。

このためFacebookやTwitterなどにアクセスするのも問題が発生する場合があります。

この問題を防ぐためには、プリペイドSimを購入するときに正規店で身分証明書などを提示して、ロックを解除してもらう必要があります。

 

 

EU諸国におけるローミング

EU諸国においてプリペイドSimは「Roam Like Home」というコンセプトの下、追加請求なしで、契約した事業者と契約した内容のまま使用することができます。

イギリスは2016年にEUからは脱退しましたが、このコンセプトは今現在のところそのまま継続中です。

イギリス国内で購入・契約したプリペイドSimでEU諸国で使える表記のあるものは、そのまま他のEU諸国でも使用することができます。

 

 

周波数帯/バンド

2G

900, 1800MHz

3G

900, 2100MHz

4G/LTE

800, 1800, 2100, 2600MHz

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました