IT商材の営業代行ならKOKONATS|SaaS・クラウドサービス|格安で戦略的インサイドセールス、テレアポを実施中!!

近年、インターネットのプログラミング技術の発達とインターネット環境の劇的な高速化によって身の回りの生活が変わりつつあります。その中で、著しい成長を遂げているのが、クラウドサービスと呼ばれているもの、とりわけSaaSと呼ばれるIT商材です。人工知能AIを取り入れた商材も世の中で多く出回り、市場を賑わせています。

 

クラウドサービスとは?
簡単に説明すると、「ネット上にあって、どのデバイスでもアクセスできる」WEBサービスを指します。皆さんの身近なところだと、GmailやYahoo!メールがクラウドサービスの一例です。私たちユーザーはメールのサーバーが地球上のどこにあるのか知りませんが、便利であるために日常的に利用しています。また、オンラインストレージという、インターネット上にデーターを保存、バックアップできるシステムもクラウドサービスの一つです。
SaaSとは?
”Software as a Service”と呼ばれ、インターネットを経由して利用できるクラウドサービスの一つです。インストール不要で、サインインをして利用するタイプのソフトウェアで常にインターネット環境が必要になります。
大抵の場合、月額で請求され、継続するか否かはユーザー次第です。

SaaS商材(クラウドサービス)の今後の展望は?

この「クラウドサービス」と呼ばれる形のIT商材は、大型上場や資金調達が行われている傾向があるため、今後も堅調に成長していくことが期待されています。IT関連の市場調査を行う、富士キメラ総研の情報(ソフトウェアビジネス新市場 2018年版)によれば、2022年にはSaaS市場が 6,000億円を超えると予測されているとのことです。
実は、SaaS導入にはソフトウェア開発を行っているIT会社に大きなメリットがあるのはご存知だったでしょうか?
①他の大きなCDなどパッケージの流通コストの削減
②海賊版などコピー対策
③アップデート対応のコスト削減
SaaSの発展は、顧客だけでなく企業にとっても実はメリットが多いのです!

最近のノート型PCにCDドライブが付いてこないのも、SaaS市場が成熟してきている証拠といえそうですね!

 

KOKONATS戦略的営業代行|SaaS商材の営業を効果的に進める方法

そんなメリットだらけのIT商材SaaSですが、少子高齢化社会において営業のマンパワーが絶対的に不足しているという問題があります。
ですが、対策がないわけではなく、実は、「インサイドセールス」を採用されるIT企業が増えてきています。なぜなら、IT商材とインサイドセールスは相性がとても良く、多くのIT系企業がインサイドセールスの活用によって知名度や、売上の向上しているという実績があるからです。
ではなぜ、SaaSの営業がインサイドセールスに向いているのでしょうか?
インサイドセールスとは?
別称「訪問しない営業」です。WEBシステムを駆使して営業活動を行い、洗剤顧客の発掘、情報収集、アポ獲得、商談からクロージングまで一手で行います。顧客の購入確度が上がった段階でフィールドセールスにトスアップすることもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

①予算に制約がある場合にも営業を進められる

 


SaaSの開発は、ベンチャー規模で始められることも多く、営業人員に育成の時間や予算をかけていけないという実態があります。新入社員を一人を雇う採用コストは557万円ともいわれており、別途ランニングコストとして、毎月の基本給、残業代、福利厚生費、社会保険料を会社で負担する必要があります。
一方、インサイドセールスは、外注として契約を行うことも多いため、既に営業の経験者を比較的リーズナブルな予算で「必要な時」に獲得することができます。

②人材の制約を打破できる

 

インサイドセールスのメリットは、子育てや介護など何らかの事情で労働時間を拘束されているという人材の中から採用活動を行えるということです。在宅で業務を行えるという点が大きなメリットとなります。
中には超優秀な人材も眠っているため、その人材を確保することで、会社の営業実績の向上が果たせるという事実があります。外注契約は社員契約とは違い、結果が出せない人材の契約を延長しないという方法もあるので、常に成績優秀者を社内に引き留めておくことも可能です。

 

③VOC(ボイス・オブ・カスタマー)による高PDCAサイクルが期待できる

 


SaaSシステム開発には現場(顧客)の声がいち早く求められます。売り切り型の営業とは違い、毎月のサブスクリプションの継続が売上に直結してくるため、どんなに素晴らしいコンセプトを持つ最新SaaSシステムでも、現場のニーズに合わせてマイナーチェンジを繰り返していく必要があります。

 

月5万円の製品を受注した場合、その月の売上成績は5万円のみかもしれませんが、ユーザーがその後10年間使い続ければ、単純に計算して売上は600万となり会社としても大きな利益確保につながります。

 

インサイドセールスは、インターネット上で営業を実施ため、必然的に多くの顧客と会話することになります。VOC(Voice Of Customer)を多く拾える訳です。
VOCを沢山拾うことで、商材にどんな問題があるのか、何を改善しなくてはいけないのかが段々と明るみになります。
そう、インサイドセールスはPDCA((Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善))を高頻度で行えるため、結果として高品質なシステム開発への足掛かりとなるわけです。

 

 

KOKONATS戦略的営業代行|【重要!】SaaS商材の営業で忘れてはいけない点

前述しましたが、SaaS営業は一般商材と違い、売り切り型ではありません!
そのため、顧客より適切にヒアリングして、常にSaaSシステムの改善を行っていく必要があります。

一つの例で考えてみたいと思います。

 

(例)インサイドセールスによってアポ獲得できたものの、受注に至らない場合
<悪い例>
・客にこの商材が合わなかっただけだ、また別の人を探そう<良い例>
・なぜ受注できなかったのかを考える。
→「価格?納期?品質?何が原因なのだろうか?」
・次回はどのようなアクションを行えば良いのかを考える
→「商材の紹介方法を変える?戦略を見直す?顧客層を変える?」
上記の違いは分かりますか?頭を使ってなぜ??を考える営業とそうではない営業です。SaaS商材ではどんな人材でもよいのではなく、ヒアリングが得意かつ、常に向上心を持った営業担当が向いています。

弊社KOKONATSでは、「アポ」を取ればよい営業代行サービスではなく、長期目線での「契約数」にこだわった高品質インサイドセールスを提供しておりますので、是非ご検討くださいませ。

驚きの価格!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました