プリペイドSIM一覧

【マレーシア】他社携帯会社に乗り換える際に必要な知識ー3選

皆さん,こんにちは。Kokonatsです。 先日のブログ記事では,DIGIに乗り移れば格安で携帯電話が利用できることにを皆さんにシェアさせて頂きました。 海外で携帯電話会社の乗り換えってちょっと不安と思っておられる方にちょっと耳よりな情報を皆さんにシェアしてみたいと思います。

ブルネイのプリペイドSIMカード(Progresif編)

ブルネイ国内では2番手のプロバイダです。カバーエリアはそれほど広いとは言えませんが価格面ではDSTよりも安くなっています。カバーエリアはこちらをご覧ください。 4G/LTEサービスは展開していません。 購入場所 Progresif ストアで購入可能です。プリペイドSim自体は無料で取得することができますが、すぐにチャージを行い下記のプランから選ぶ必要があります。

ブルネイのプリペイドSIMカード(DST編)

ブルネイで最も大きなプロバイダです。カバーエリアはブルネイ国内で最も広いものとなっていますが、価格は他社に比べて若干割高な傾向にあります。4G/LTE回線の使用が可能です。 購入場所 DSTショップにより購入可能です。空港にも支店を出しているため容易に購入することができます。

パキスタンのプリペイドSIMカード(Jazz編)

パキスタン国内で最大手のプロバイダのひとつです。市場の4割をシェアしているロシア系プロバイダです。パキスタン国内で2Gで最も広いエリアをカバーしています。 2014年から徐々に3Gサービスおよび4G/LTEサービスを展開し始めました。4G/LTEサービスはまだ都市部に限られています。山間部では電波が通じないことも珍しくありません。 購入場所 プリペイドSimは「Jazz」と呼ばれJazz提携店で購入することができます。

パキスタンのプリペイドSIMカード(Telenor編)

ノルウェー企業でパキスタン国内において28%のシェアを誇っています。3Gにおいてはパキスタン国内で最も優れたカバーエリアを持っています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 プリペイドSimは通常Simは「Telenor」と「djuice」の2種類が販売されています。そのほかにデータ専用Simがあります。Telenor提携店で購入可能です。4G/LTEサービスを利用するには対応したSimを購入する必要があるので注意してください。

パキスタンのプリペイドSIMカード

パキスタンのプリペイドSIMカードプロバイダ パキスタンのプリペイドSimのプロバイダは次の5社です。 Jazz Telenor Zong Ufone PTCL 通信環境 パキスタンのインターネット環境は非常に低速のものとなっています。公共エリアで使えるWifiスポットに関しても低速であまり充実したものとは言えません。 2014年から徐々にJazzとTelenorが3Gサービスおよび4G/LTEサービスを展開し始めました。4G/LTEサービスはまだ都市部に限られています。山間部では電波が通じないことも珍しくありません。

オランダのプリペイドSIMカード(T-mobile編)

T-mobileはオランダ国内で第三規模のプロバイダです。規模でこそKPN、Vodafoneに続くプロバイダですが、カバーエリアは2G, 3G, 4G/LTE共に最も広いものとなっています。カバーエリアはこちらをご参照ください。2017年にはTele2の吸収合併を発表しました。 購入場所 T-mobileショップ・提携店で購入可能です。オンラインでも購入可能でMini, Micro, Nanoの3サイズがあります。販売価格は€10でクレジットが€10付いてきます。

オランダのプリペイドSIMカード(KPN編)

オランダ国内で最大手のプロバイダです。元々は公営の企業でした。2G, 3Gネットワークではカバーエリアが国内で最も広くなっています。4G/LTEでも人口の99%をカバーしています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 値段は他のプロバイダよりもやや割高の設定となっています