アイスランドのプリペイドSIMカード(Vodafone編)

VodafoneはアイスランドにおいてはSimninnに引き続いて二番目に大きなプロバイダです。カバーエリアは広く、Simninnよりもつながりやすい場合すらあります。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 Vodafoneストア、空港、コンビニエンスストアや提携店で購入することができます。

アイスランドのプリペイドSIMカード(Nova編)

アイスランドでは3番目の規模のプロバイダです。価格面で他のプロバイダよりも魅力的なプランを打ち出しています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 Novaショップで無料でスターターパックを配布しています。1,990ISKのものもありますが、同額のクレジットが付いてきます。

アイスランドのプリペイドSIMカード(Siminn編)

アイスランドでは最大規模のプロバイダです。もともとは公営企業でした。アイルランド国内人口の9割以上を4G/LTE網でカバーしており、通信速度も最も速くなっています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 空港やSiminnショップや提携店、ガソリンスタンドなどで購入可能です。

アイルランドのプリペイドSIMカード(Hutchison 3編)

2015年にO2が3(Three)に吸収されてできた新ブランドです。3G・4G/LTEサービスのエリアは室内に届かない場合もあり、それほど評価は高くありません。公式ホームページのカバーエリアマップで詳細を確認することができます。このマップで室内に電波が入らないエリアを確認することができます。

アイルランドのプリペイドSIMカード(eir編)

本来はアイルランドの公営企業で、固定電話回線においては市場の半数以上のシェアを誇っていました。現在はアイルランド国内の競合他社に追いかけられる立場となっています。 アイルランドでは4G/LTEを始めた最初のプロバイダで、人口の9割以上をカバーしています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 eirのプリペイドSimは「Prepay」と呼ばれ販売されています。eirショップや他の提携店で購入することができます。

【速報】マレーシアの消費税GST6%が撤廃へ

皆さんこんにちは。Kokonatsです。 本日は野党が選挙に当選したことに伴う私たちへの影響の一つ,GST(Goods and Service Tax)に関して皆さんにお伝えしたいと思います。 GSTと言われてもピンとこない方も多いかもしれませんが,ここマレーシアでは消費税のことを「GST」と訳して日常生活で使っています。 日本では消費税が8%という現状ですが,来年の2019年には10%に増税することも周知の事実となっています。少子高齢化に伴い,如何にして国の歳入を上げて,負債を減らしていくかということに日本の政治家は頭を悩ませているようです。。。何を買うにしてもお高くなって来ている日本,大変です(汗)