【絶叫】マレーシアでロシアワールドカップ2018を無料で見たいっという方に朗報!!!

皆さんこんにちは。KOKONATSです。 なぜ最近ブログをアップ出来ていないかって?! そんな難しい質問はしないでください。 ロシアの事情に忙しいからです。 今日は、私と同じくマレーシアでロシアの事情に忙しくしたい方へ、そんな方に向けてブログを更新したいと思います。

【自動車保険:保存版】マレーシアで安く自動車保険をあげるために必要なこと

日本と同様,ここマレーシアでも自動車保険は「義務」となっております。任意ではありません。 自動車保険書の取得⇒自動車税(ROAD TAX)の取得 という流れになっており,自動車保険書を持っていない人は車のフロントガラスに貼るロードタックスのステッカーも購入できないことになっています。 そして,時々遭遇する検問ではロードタックスが貼られていない車のオーナーから罰金を徴収する流れとなっているわけです。 さあ,自動車保険を契約しよう!と思っても何から手を付けたら良いのかが分からないのもここマレーシア。 やり方は分かってもスムーズに物事が進んでゆかないのもここマレーシア。 以前の私の超最悪な体験談もこちらからお読みになってくださいね。→こちら

アイスランドのプリペイドSIMカード(Vodafone編)

VodafoneはアイスランドにおいてはSimninnに引き続いて二番目に大きなプロバイダです。カバーエリアは広く、Simninnよりもつながりやすい場合すらあります。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 Vodafoneストア、空港、コンビニエンスストアや提携店で購入することができます。

アイスランドのプリペイドSIMカード(Nova編)

アイスランドでは3番目の規模のプロバイダです。価格面で他のプロバイダよりも魅力的なプランを打ち出しています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 Novaショップで無料でスターターパックを配布しています。1,990ISKのものもありますが、同額のクレジットが付いてきます。

アイスランドのプリペイドSIMカード(Siminn編)

アイスランドでは最大規模のプロバイダです。もともとは公営企業でした。アイルランド国内人口の9割以上を4G/LTE網でカバーしており、通信速度も最も速くなっています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 空港やSiminnショップや提携店、ガソリンスタンドなどで購入可能です。

アイルランドのプリペイドSIMカード(Hutchison 3編)

2015年にO2が3(Three)に吸収されてできた新ブランドです。3G・4G/LTEサービスのエリアは室内に届かない場合もあり、それほど評価は高くありません。公式ホームページのカバーエリアマップで詳細を確認することができます。このマップで室内に電波が入らないエリアを確認することができます。

アイルランドのプリペイドSIMカード(eir編)

本来はアイルランドの公営企業で、固定電話回線においては市場の半数以上のシェアを誇っていました。現在はアイルランド国内の競合他社に追いかけられる立場となっています。 アイルランドでは4G/LTEを始めた最初のプロバイダで、人口の9割以上をカバーしています。カバーエリアはこちらをご参照ください。 購入場所 eirのプリペイドSimは「Prepay」と呼ばれ販売されています。eirショップや他の提携店で購入することができます。