【随時更新】マレーシアの日本食レストラン

シェアする

高いお金を払えばマレーシアでも日本食を日本と同様のクオリティーで食べることができます。

しかしここではマレーシアのローカルにも支持されている庶民的なマレーシアの日本食を紹介したいと思います。

1.Kin San Kichi Japanese Restaurant

ローカルによって長いこと支持されている、そして日本人が食べても全く違和感のない、安い店です。

三拍子そろったトリプルスリー選手です。

住所:16, Jalan 27/70a, Desa Sri Hartamas, 50480 Kuala Lumpur

金曜日、週末は混み合いますがクオリティ・値段共に良心的です。

Sushi King、楽膳などに行かれる方はその前に是非検討してみる価値があります。

人気メニューは上の写真のSashimi Setです。

Butter Fishが付いてくるところがマレーシアらしいですね。

なおこの刺身セットの刺身内容はButter fishをサーモンに、とか、サーモンをマグロになどアレンジをすることもできます。正直,マグロは新鮮ではなく,Butter Fishは美味しくはないので交換することをお勧めします。

ご飯はRM3でソバに差し替え可能です。

裏手に客用の駐車場があります。このエリアは混んでいて駐車場が見つからないときがあるのでその際はここを利用してください。

2.楽膳

言わずと知れたチェーン店、シンガポール系のオーナーにより提供されていますが、日本人が食べても違和感のないものとなっています。

多くのショッピングモールに入っている店です。他のチェーン店の中ではこの楽膳が頭一つ出ている気がします。

隣のインドネシアから食べにくる友人もいました。少し日本食が恋しくなったらここに入ってみるのも悪くはありません。

3.The Fish Bowl

日本食にヒントを得たフュージョンレストランです。この店のユニークな点はビュッフェスタイルで好みの丼ぶりを作ることができる点です。サーモン、マグロ、ウナギなどの選択肢があります。野菜が多く取れるので健康的です。

住所:77, Jalan PJS 11/9, Bandar Sunway, 46150 Petaling Jaya, Selangor


営業時間:10時30分~22時00分

ONE UTAMAショッピングセンターにも最近オープンしました。営業時間は10時~22時です。

上の写真が既に店側で選ばれた具材をセットにした「標準メニュー」になります。

価格は全てRM17.90

刺身を食べてこのお値段は激安だと言えます。

そしてメニューの裏側には自分で追加具材を乗せたりオリジナルのメニューに変更を加えることができるようになっています。

追加で支払えばたまに恋しくなるうなぎも選択可能です。

●プロモーションの日

毎月30日はRM30均一セールの日となります。上記メニューの4品のどれかを選択することができます。(変更・追加具材は対象外)また,条件として最低2品を頼むことになりますので友人と誘い合わせていくと良いかもしれません。

おまけ

マレー系のマレーシア人がたこ焼き屋を出していました。RM5で6個入り。

作り方は全く違いましたができたものはなかなかのもの。結果オーライです。

マレーシアでたこ焼きブームが起きており、露店でよく見かけるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツと広告

関連コンテンツと広告



コメント

  1. nikoniko より:

    今日、やっと行ってきました。
    お勧めどうり、安くって量もあり美味しかったです。
    PM1時半ごろだったせいか、空いていました。
    良い情報、有難う御座いました。

  2. kokonats より:

    わざわざコメント&ご報告ありがとうございます。次はそのくらいの時間に行ってみたいと思います。